奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 ソロテント泊 表銀座縦走(自主) ひろっちゃん  2019年9月17日(火) 15:36
修正
9月14日(土)〜16日(月)、快晴のもと完歩しました。
燕岳登山口4:10-合戦小屋6:40-燕山荘7:40(燕岳ピストン)-大天荘12:50
大天荘5:20-ヒュッテ西岳8:05-ヒュッテ大槍11:25-槍ヶ岳山荘12:50-殺生ヒュッテ13:15(大渋滞につき槍ヶ岳はスルー)
殺生ヒュッテ4:10-天狗原分岐5:20-槍沢ロッジ6:30-横尾7:40-上高地バスターミナル10:05
快適な稜線歩きではなく、アップ/ダウンがきつく登りでは牛歩状態。スタート時20sのリュックが堪え、テント泊での縦走を後悔する事もありました。が、辛かった分達成感は半端ないです。
大天荘テント場で横の方がテントポールを忘れたので、ツェルトの貸し出しをしました。夜通し風が強くツェルトのはためく音が大きくご当人は寝れなかった。(小屋泊を勧めるべきでした)
最終日は暗い中下山を始めた為、直線的に下りたい思いが強く何度となく道をロストしました。(反省)
小鉄さんの北穂/奥穂(涸沢ベース)のドタ参があり、交通費と登下山口までの時間を圧縮できました。ありがとうございました。
来シーズンはどこに行こうかな?

 ソロテント泊おめでとう あけどん  2019年9月18日(水) 9:37 修正
素晴らしい!!このコース3泊4日とか4泊5日の行程で行くのに。おまけに20キロですって!!下山後の筋肉痛を想像してます(*^_^*) 槍ヶ岳の渋滞にはため息ですね

 前鬼ブルーを求めて 前鬼川遡行(自主) batten3  2019年9月14日(土) 7:33
修正
9月8日(日)奈良南部 下北山村にある前鬼川の遡行に行ってきました。
4人の予定だったが直前で1人都合が悪くなり3人で。
入渓前後霧雨に見舞われたが遡行中は青空の元快適な沢歩きを楽しみました。
少し水量が多かったため高巻も何ヶ所か必要でしたが順調に目的地の垢離取場間の往復をしました。
見たかった前鬼ブルーは日差しを受けて輝いていました。
いつ見ても素晴らしい!!

 例会 烏帽子岩クライミング hama  2019年9月10日(火) 6:29
修正
9月8日(日)例会、烏帽子岩クライミングに4人が参加した。

登ったルートは、〇エイトマン(グレード5.8)、〇ジパング(5.10b)、 〇東方見聞録(5.9)、〇太陽がいっぱい(5.9)、〇他不明(5.8?)。
1人7〜8本登攀した。

午後から日差しが強く、岩が焼け付いてホールドを持つ手が熱い。
思わず「あつ〜」と叫ぶ。他のパーティーからも「あつ〜」の悲鳴が聞こえる。日差しの暑さと岩の熱さを我慢して登った。
あけどんと小鉄は指に水膨れしていた。火傷か?。
1本登ると汗がビッショリ、強烈な暑さに疲労困憊。14時30分に切り上げて帰った。

 本当に熱かったです ひろっちゃん  2019年9月11日(水) 12:32 修正
皆さま、ありがとうございました。午後からの太陽がいっぱいは、コース名通り直射日光を受けホールド部分は10秒も触っていられない、終了点に着く頃にはクライミングシューズの上からも足が熱かった。
今更ながら、オブザベーションの重要性を認識しました。何も考えずに同じ所を何度もトライしていると腕がパンプし結局は登れない。次回よりはもっと頭を使います。
さて、今週末は北アルプス表銀座テント泊での縦走です。天気も良さそうで楽しみです。

 初級講座 地図とコンパス生駒山 奈良百遊山  2019年9月10日(火) 15:53
修正
9月8日(日) 晴れ

昨年は雨で実施出来なかった地図とコンパス山行。受講生12人、再受講生1人、教育部員10人が参加した。9時に枚岡駅集合で、自己紹介、ミーティングの後にコンパスの使い方を再度学習してスタート。枚岡神社に安全登山を祈願し山道に入る。枚岡展望台で整置と、山座同定。阿倍野ハルカスを同定する。ぼくらの広場で昼食休憩の後に班別に集合写真撮影。ここでも整置と山座同定で葛城山を同定する。暗峠〜パノラマ展望台を通って生駒山遊園地。予定よりも早く着いたので、数人はロープワークの勉強。宝山寺〜生駒駅へ予定時刻に到着。地図とコンパスは概ね基本の使い方はマスターできたように思いますが、繰り返し使って自分の身につくようにするのが大事。今日は残暑厳しい一日だったが、皆 無事に下山できました。

 東大台ケ原 自然観察会 むっちゃん  2019年9月8日(日) 20:22
修正
クリーンハイク一貫事業ー東大台ケ原自然観察会
秋の大台ケ原を満喫しましょう
大台の自然観察、自然保護の歩みをガイドしてもらい、山のトイレマナーにも実践的に(携帯トイレ体験)取り組んでみましょう!

日時:10月12日(土)7:30〜15:30
集合:橿原神宮前(マイクロバス利用)
費用:¥3000ぐらい
申込:先着順
   高橋円(090-1712-6833  rocky.39.2525ne@rice.ocn.ne.jp)まで

 近畿ブロック 自然保護交流ハイク むっちゃん  2019年9月8日(日) 20:13
修正
南国の別天地「友ヶ島」で近畿の仲間が集まって交流ハイキングを行います。
砲台跡、子午線最南端、灯台などを散策し、最後にちょっぴりクリーンハイク(プラスチックごみの回収)もしましょう。
[コース]歩行距離 約5km 野奈浦桟橋ー海の家ー蛇ヶ池ー第2砲台跡ー友ヶ島灯台ー子午線広場ー孝助松海岸ー旧海軍聴音所跡ータカノス山展望台ー南垂水キャンプ場ープラごみ回収ー野奈浦桟橋

日時:10月19日(土)
集合:8:30 JR環状線「新今宮」駅 改札口集合
申込:9月30日(月) 高橋円(090−1712−6833、
     rocky.39.2525ne@rice.ocn.ne.jp)まで

 金剛山妙見谷沢登り ryou  2019年9月2日(月) 10:09
修正
9/1(日) 金剛山妙見谷(初級沢登りコース) 7名
水位は最大でもひざ下なので、わざと沢水の中を歩きます。ちゃぷちゃぷ!タイムです。
滝の水の中にはステップが多く、ぐいぐい登れましたよ。じゃぶじゃぶ!タイムです。
時には、シャワークライミングもあります。全身すぶぬれ〜!
2段8Mの滝はさすがに怖くない?でもロープで安全確保。やった〜登れた〜!
お昼には山頂に到着。もぐもぐ!タイムです。
半世紀もの人生経験を投げ捨て、童心に戻った1日でした。

 富士山宝永火口〜青木ヶ原樹海 ウェンディ  2019年9月1日(日) 17:23
修正
8/30(金)〜31(土) 自主、初日・富士山宝永火口〜二日目・青木ヶ原樹海 8名
心配したお天気も初日が曇、二日目は晴で、楽しい二日間でした。
富士山宝永火口〜五合目のバス駐車場から歩行開始、宝永火口を目指す。火口に近づくにつれて猛烈な風(突風)、そして霧。何も見えない!!
止むなく火口縁から来た道を引き返す(残念)。でも帰途歩きの途中、突然、霧が晴れて富士山頂付近まで一望、山の天気の嬉しい激変に一同大感激。
青木ヶ原樹海〜1000年以上前の富士山噴火による溶岩流が作り出した昼なお暗い果てしない?樹海です。ボランテイアさんの案内による大自然の真っただ中を約1時間の樹海内歩行、いい思い出になりました。
溶岩洞穴(風穴、氷穴)〜真夏の外界は猛暑ですが、溶岩洞穴の中は「0度」。狭い洞穴内をヘルメット着用でも頭をゴツンゴツン、蟹の横歩きで何とか完歩。
出てきた外との温度差に又又、ビックリでした。流石に天然記念物やね!
往復のバスの長時間には、いささか!?疲れましたが、皆で囲んだ夕食の海の幸と楽しいおしゃべりにも大満足の二日間でした、又、行きましょうね!!!

 富士山宝永火口ハイキングとひんや〜り2つの洞窟・青木ヶ原樹海探検 2日間 わたし  2019年9月1日(日) 22:13 修正
2019年8月30〜31日 8名

旅行社のバスツアーに行って来ました。2日とも一日2時間ほどの歩きです。
行く前は天気予報が悪く、雨が降っても歩きやすいように西大寺の駅で長い傘を買いました。バスの中では雨が降ったりしていましたが、登山口に着くころには雨も上がりラッキー!でも風はきつかったです。
2日目は鳴沢氷穴から青木が原樹海を歩き富岳風穴に行きました。縦穴洞窟と横穴洞窟だそうです。氷穴の底では氷が残っていてふるえるくらいでした。どちらも15分くらいの周回です。
バスの長旅はちょっとつらかったですが、後期高齢者4名と60代後半一人、残り70代前半の旅としては十分楽しかったです。この夏は青春18切符でお城巡りができませんでしたが、沼津で泊まったホテルが沼津城の敷地跡で3枚橋石垣跡が一部残されていました。ホテルの近くには沼津城跡の公園と沼津宿高田本陣跡の碑があり出発前に見に行けてちょっと得をした気分です。往きに買ったLL65cmの長傘はずーっとお荷物でしたが、てるてる坊主になってくれたかな???写真はウェンディさんから送られたものです。

 木曽駒ケ岳〜宝剣岳〜空木岳縦走 奈良百遊山  2019年8月29日(木) 16:16
修正
2019年8月26日〜28日
自主 4名

26日から3日間の予定で中央アルプスの木曽駒ケ岳〜空木岳縦走へ行ってきました。
1日目:菅ノ台バスセンターへ駐車してシャトルバス、ロープウェイで千畳敷。
そこからカールを登って乗越浄土。千畳敷カールのお花は少なかった。
その後、木曽駒ケ岳へ登り集合写真。宝剣山荘は20人程の登山客だった。夜は満天の星空。
2日目:朝 ご来光を拝み、富士山も7合目付近より上が、又 御岳山も少し噴煙が見えた。宝剣山荘から宝剣岳へ登る。岩場の登りを慎重に登る。
下山も滑落の危険な岩場を下り極楽平から稜線を歩く。その後もアップダウンを繰り返し東川岳。ここまでが長かった。ここからは空木岳と稜線がハッキリと見えた。池の平カールにお花畑があり、ヨツバシオガマ、トウヤクリンドウ等は咲いていたが、チングルマは綿毛になっていた。又 数10匹の猿の群れが登山道を走り回っていた。
3日目:昨夜は台風の様な暴風雨で何度も目が覚めた。木曽殿山荘は鞍部に建っており、風の通り道。小屋の主人から空木岳登山は危険と言われ、他のパーティと同じく西側の伊奈川ダム方面へ下り、ダムの管理事務所でタクシーを呼んでもらって菅ノ台へ戻る。


 日本一の山 第2弾  あけどん  2019年8月27日(火) 23:46
修正
8月20日(火)23:30分京都駅出発ー8月21日(水)9:30吉田口出発ー14:00 八合目富士ホテル到着 22日(水)5:10出発ー6:30 頂上到着 御朱印頂くー9:30吉田口到着 22:30ふじやま温泉出発 8月23日6:00京都着 
古希祝 古希祝 還暦祝の3名で富士山に登りました。
出発前日になって 急に秋雨前線が発達し天気予報は雷と暴風雨の予想。頂上の最低気温は1度でてんくらはC、Dランク。迷いましたがやまてん情報をいただいてGO! 
ゆったりの行程と雨にも降られず時々ちらっと顔を見せる程度の太陽のおかげで暑さに苦しむことなく楽しい山行でした。日本中を見下ろす景色は圧巻でした。でもやっぱり富士山。身体はしんどかったです。山小屋はnonna以外全然寝られなかったし。先月の弾丸元気山行の3人組は恐るべし。
下山後 頂上直下の落石事故で死亡者が発生し私たちが通った登山道は通行止めになりました。「一生に一度は登りたい富士山」に記念yearに登頂できてラッキーでした。

 弾丸元気山行の一人です ひろっちゃん  2019年8月28日(水) 15:20 修正
皆さま、節目の年を迎えられおめでとうございます。
富士山の山小屋は有名過ぎて、泊まることは絶対に考えられない所です。ただ、先月の山行で山頂下の小屋でうどんを食べている時に出発準備をしている小屋泊りの方々を見ていると、ちょっと羨ましかったです。

 山小屋ご飯 あけどん  2019年8月28日(水) 19:46 修正
ありがとうございます。山頂は寒かったですね。凍えました。山小屋の食事をご紹介します。夕食はカレーと500ccのお水。朝食はお肉の佃煮と沢庵 お茶200cc。お隣に座ったマレーシアのお兄さんは食後すぐにおうどん(どん兵衛)と紙コップのココアを注文されてました。1500円追加・・・・わかるわ。・・

 宇賀渓でツエルト泊 くらくら  2019年8月12日(月) 12:29
修正
いつもツエルトは持ち歩いているのだが、まだ使ったことがない。当然である。非常時の使用を目的にしているのだから。とはいえ、一度も使ったことのないものをいざというときに使えるのか疑問だ。と思って、どこだったか山行帰りの居酒屋でビールを飲みながらこの話をしたら同意してくれる人が多いことが分かった。それなら即実践あるのみである。ツエルト泊に焦点を絞って第1回目はキャンプ場だ。ということで、今回参加できなかったがいろいろ調べてくれたKさんに紹介してもらった宇賀渓に行くことにした。参加者はツエルト泊未経験者5名。午前9時に学園前発で昼前に現地着である。時間はたっぷりある。ツエルトは3,4回張り直しベストと思われる位置と方向を見極めて設置。地面の傾斜と共に風の方向も大事だということがよくわかる。
個食も今回の目的の一つであり各自持参の道具で食料を調理(?)する。19:30就寝。皆さんよく寝られたようだ。 2日目は、案内所でもらったパンフのコースで滝めぐりである。実際に歩いてみるとパンフレットのイメージよりも厳しい登山コースであった。キャンプ場に戻ってツエルト撤収。帰り道でうまいそばを食べ、予定通りに帰った。おもしろかった! 次回はキャンプ場でなく
もう少し実践的に山でツエルト泊をしようと思う。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  全 300件 [管理]
CGI-design