奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 愛宕三山周遊 あけどん  2020年11月24日(火) 18:39
修正
11月22日 (日)自主4名

愛宕山の北西部にある嵯峨越畑の集落から芦見峠〜芦見谷北東側の尾根を伝って竜の小屋〜竜ヶ岳〜愛宕山〜地蔵山〜嵯峨越畑への周遊コースを歩いてきました。
高の原駅から京都循環道を利用し1時間で快適に登山口へ。芦見谷林道から尾根へは「好きもの」しか通らないバリエーションルート。フカフカの落ち葉の中を泳ぎながら稜線に直登すると落葉した裸のブナ林が見事でした。4時間歩いて竜が岳を越え2座目の愛宕山に到着するも頂上がありません。探したあげく装束をまとった神主さんにお聞きすると(近くにいらしたので) にこやかに「この拝殿です」と。顔が紅葉より赤くなったような・・・モヒカン頭の地蔵山からはまたも見事な落ち葉の絨毯道でした。
道なき斜面をよじ登るワクワク感。見晴らしの良い落葉樹の林。誰にも出会わない静かな広い尾根道。かなりハードでしたが秋満喫で楽しかったです。企画のJさん、ご一緒の皆様ありがとうございました。  写真Jさん
 

 モミジの清滝川を歩く ウェンディ  2020年11月22日(日) 20:57
修正
11/22(日) 例会11名 モミジの清滝川を歩く
心配したお天気は「晴後曇」、嵐山の奥山に紅葉と清流を求めて清滝川の遊歩道を歩いてきました。新聞報道の紅葉情報は「見頃」→でも実際は遅かった、モミジは散り終わりに近い状態でした、チョット残念!!
でも、清滝川沿いの清流を歩くこと約5時間、本当に清らかな流れに癒されるひと時になりました。高尾から途中の清滝までが「錦雲渓」、錦のような紅葉が売り物です、更に下流が「金鈴渓」、黄金に輝く紅葉道として名付けられたそうです。
整備された川沿いの渓谷歩きは東海自然歩道に指定され、紅葉・杉・ヒノキの山の彩りの散歩道です。この日の最後はJR保津峡駅まで、トロッコ列車と保津峡下りの船を見ながらのノンビリ歩行約9キロ、皆さん、withコロナの一日、お疲れ様でした、ありがとうございました。

 百丈岩でマルチピッチクライミング hama  2020年11月22日(日) 16:25
修正
11月21日(土)自主山行 百丈岩のマルチピッチクライミングの練習にひろっちゃん、モンチッチ、モコちゃん、ヤマアラシ、hamaの5名が参加した。

沢沿いの取付き点から2ピッチでローソク岩の基部に到着。
東稜ルートに移動。東稜を2ピッチで登り、昼食。
中央ルンゼを懸垂下降して、百丈岩標識までのコース2ピッチを登った。

ひろっちゃんとモンチッチがロープを組みツルベで登った。
hama、モコチャン、ヤマアラシの3人はダブルロープでhamaがリードした。
みなさん、マルチの初心者ですが、これまでの蓬莱峡での練習の成果はあったようだ。

 マルチピッチGU トレーニング hama  2020年11月19日(木) 15:26
修正
11月18日(水)マルチピッチ(GU)グレードアップトレーニングを蓬莱峡で実施し、モコちゃん、ヤマアラシ、ふじちゃん、モンチッチ、hamaの5名が参加した。

今回はダブルロールの練習も入れた。最初はチョットとまどっていたが、徐々に慣れてきた。まずまずの成果だ。
モコチャン、ヤマアラシと組、ふじちゃん、モンチッチ組でロープを組んだ。みなさん熱心です。

 体験ハイキング柳生街道(滝坂の道) hama  2020年11月17日(火) 7:56
修正
11月15日(日)体験ハイキング柳生街道(滝坂の道)に体験者3名、会員6名の9名が参加しました。

天気は快晴、忍辱山(円成寺)〜 峠の茶屋〜 首切り地蔵〜 春日大社〜近鉄奈良駅のコースを歩きました。(歩行時間4時間40分)中間地点の首切り地蔵で昼食を摂り、その後近くの新池へ回りましたが、見事な紅葉でしばしカメラ向けて臨時の撮影会が始まったような感じでした。体験者からは奈良HCへの質問が色々寄せられていました。           
  文責(PANDORA)

 秋の六甲を楽しむ anna  2020年11月16日(月) 17:55
修正
2020年11月14日(土) 例会 摩耶山 7名

雲ひとつ無い青空の下、秋の六甲を歩いてきました。
カスケードバレーを登って穂高湖、シェール槍、そして、ちょっとマニアックな新穂高に藪漕ぎをして登頂。ネーミングがクスッと笑えるようなアルプスもどきで楽しい(^^♪ アゴニー坂はあごと膝がくっつく位きついから、アゴニー坂っていうらしいですよ。摩耶山三角点も踏んで、山寺尾根を下山。約30000歩のなかなか歩きごたえのある六甲摩耶山満喫山行となりました。皆さま、お疲れさまでした。

 四国お城巡り わたし  2020年11月16日(月) 16:04
修正
2020年11月13〜15日 6名

JR西日本のどこでもドア切符(3日間新幹線、特急乗り放題18000円)が出たので前から狙っていた四国お城巡りに行ってきました。(いつもは青春18切符なのですが高知まではちょっとしんどいです)岡山までは新幹線、高知までは特急。四国の特急は3両編成でこじんまり。あまり需要がないのかな?高知城と竜馬生誕地記念館に行きました。カツオのたたき美味しかったあ〜!!14日は半日列車に乗って宇和島城と天赦園のお庭拝観。昼食は鯛めし。その後列車で伊予大洲へ。15日朝から大洲の町散策。昔のドラマの撮影地、おはなはん通り、明治の街並み、9時の開館を待って臥龍山荘。この地出身のお金持ちの別荘でいろんな趣向を凝らした風流な山荘でした。その後大洲城に行き、松山へ。松山城、坂の上の雲ミュージアムへ。お土産はじゃこてん。各地でご当地名産を食べました。街歩きとお城巡りの旅でしたが、お城は天守までの上りと天守閣への階段が結構多く、毎日15000歩前後の歩きが続き自粛で弱った私の足は悲鳴を上げていました。ホテルでもらったクーポン券でお土産荷物が増え嬉しいやら悲しいやら?日本で唯一残る?高知城の現存本丸御殿?に行けてよかったです。列車での移動距離が長くスケジュールも忙しくもっと観光できなかったのが心残りです。とても疲れましたが、四国の知らない街をみんなで目的地を探しながら歩けて楽しい3日間でした。

 蓬莱峡 グレードアップクライミング hama  2020年11月14日(土) 18:04
修正
11月12日(木)蓬莱峡のグレードアップクライミングにモコちゃん、ヤマアラシ、あけどん、T,ふじちゃん、hamaの6名が参加した。

今回のトレーニングは2人ペアでマルチピッチの練習です。
最初に支点づくりとロープの振り分けを復習し、2人でロープを組み、ツルベ方式(リード交替)で一日中練習した。

 いにしえの古道を歩く ホウリュウジ  2020年11月7日(土) 9:25
修正
 11月6日  龍田古道例会     6人

JR三郷駅から「いにしえの古道を歩く」桜の名所三室山、はるか大和三山が雲海の中から姿を現す。

御座峰からの眺望、平安時代円融法皇が延暦寺の僧に命じて建立させたという勅願時光徳寺、
日本最古の製鉄の守護神を祭る金山媛神社等々偲びながら高井田横穴古墳からJR高井田駅までお天気にも恵まれ楽しい山行でした。

 矢田の森でリース作り ホウリュウジ  2020年11月7日(土) 9:17
修正
11月1日 矢田子供の森体験館にて県連自然保護・奈良HC婦人部共催山行でリース作りを行いました。
9名の参加で、大和民族公園から子どもの森までの道中、どんぐり、木の実、蔓を見つけながらの
童心に帰って楽しい山行でした。 

 テーブルランド J  2020年11月4日(水) 17:01
修正
コース:君ヶ畑〜ノタノ坂〜土倉岳〜御池岳〜T字尾根〜君ヶ畑 6時間20分 2020.11.3 晴れ
君ヶ畑からノタノ坂を上る。結構な急登だが我慢して登った先からは見晴らしのいい紅葉の絨毯の登山道が頂上付近までずっと続く。誰にも出会わない4人だけの紅葉満喫の稜線漫歩。贅沢な山歩き。
テーブルランドに着けばすぐに頂上かと思っていたのに・・・
そこからはテーブルと例えられるほどのゆるい平坦地形なのに
前を歩く3人に追いつけない。リーダーをほっていく冷たい山友たち(笑)
テーブルの東端から頂上三角点まで随分と遠く感じた。
頂上稜線からはT字尾根がはっきりとT字に見えた。この尾根を下山。落ち葉に足をすくわれながらもこれがまた結構楽しい下山路。
予定タイムよりも1時間も短縮して下山。やはりtoughな彼らと一緒はきつい。
去年の北鎌以来の再会となったむこさんとNJさん。それに個人山行初ご一緒のみいちゃんの4人で前々から計画していたテーブルランドのT字尾根を歩いてきました。当日は思ってもみなかった素晴らしい景色。暖かな日差しと涼風の中、青空が秋色に染まった斜面を際立たせていました。

 例会 比叡山 奈良百遊山  2020年11月4日(水) 15:48
修正
11月3日   例会 比叡山      晴れ     参加者11名

JR比叡山坂本駅に9時に集合して出発。日吉大社までは20分程 車道を歩き、そこから表参道を歩く。結構階段が多い。表参道は雨で道が削られており歩きにくい。延暦寺手前の急坂を登ると延暦寺会館に出た。根本中堂は工事中で素屋根がかかっていた。この辺りは紅葉も色づいている。文殊楼を経て1等三角点のある山頂で集合写真を撮り、20分ほど下った展望の良い所で昼食。そこから更に30分下った所がビュースポット。市の中心部は見えないが、宝ヶ池の国立国際会館のあたりは良く見えた。雲母坂登山へ予定より30分程早い14時30分到着。今日は天候にも恵まれ気持ちの良い山行となりました。

 ススキの曽爾高原を歩く ウェンディ  2020年11月3日(火) 21:35
修正
11/3(火) 例会13名 ススキの曽爾高原を歩く
昨日は終日雨、でも今日は一日「晴」です。ススキの曽爾高原を歩いてきました。
曽爾高原のススキは、かつて民家の茅葺屋根のために育ててきたものだそうです。日差しを一杯に浴びた黄金のススキの大海原は地元の皆さんの努力の結晶なんですね。
見渡す限りのススキ野の、なだらかな(チョット厳しい?)上り坂を歩くと、眼下に「お亀池」を臨み、亀山峠から二本ボソ、はるか向こうには柱状節理の兜岳に鎧岳を見渡す絶景が続きます。
秋本番近しの山歩きwithコロナの約5キロ、13千歩。
美味しい空気、気持ち良き風、清々しい山の気配を満喫できた一日になりました。
勿論、最後はこれからの山の予定を語り合う反省会で締めくくりです、皆さんお疲れ様でした。

 奈良ハイク流テント泊登山 モコちゃん  2020年11月3日(火) 18:11
修正
10月31日〜11月1日、車中泊体験希望のくらくらさん、ビバークの練習をしたいJさん、テント泊を楽しみたい宮さん、ぴぐす、モコちゃんの5名で曽爾村青少年の森多目的広場にて宿泊山行を行いました。
1日目:現地到着後、各自それぞれの方法で寝床設定。その後Jさんのロープワーク講習、柔軟性を増す&腰痛予防体操、夕食&お楽しみデザート等、リクエストも出し合いながらそれぞれの持ち味を発揮し、やってみたいことを色々実践。
2日目:各自朝食後寝床撤収、不要な荷物を車にデポしていざ後古光山、古光山へ。朝一に急登のバリエーションルートをずり落ちそうになるのに抵抗しながら攻略。引き続き根っこのある道や岩場歩き、そしてのんびりと山の紅葉も楽しみました。
私にとって2度のアルプスでのテント泊に続く今年3度目のテント泊でしたが、今回は近場の日帰り山行できるような所であえてテント泊というもの。あおがき6月号のSUニュースでアメフラシさんが「奈良ハイク流テント泊登山」としてお勧めされていたものです。今年行ったアルプスのテント場はギューギュー満杯でしたが、今回は我々のみで自由にやってみたいことを楽しむことが出来、星空も満喫。アルプス登山も魅力的ですが、こんな風に自然の中でゆったりとした時間を過ごすのもとても贅沢に感じた山行でした。
(写真提供:Jさん&くらくらさん 写真編集:くらくらさん)

 5回目の平日グレードアップクライミングトレ hama  2020年11月1日(日) 11:10
修正
10月27日(火)蓬莱峡で5回目の平日グレードアップクライミングトレーニングが行われ、8名が参加した。

@マルチピッチの支点づくり、ロープワーク、懸垂下降
Aトップロープのリード、支点づくりと回収を練習した。、

場数を踏み、数をこなしてスキルアップへ頑張っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  全 300件 [管理]
CGI-design