奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)未入力は修正不可
パスワード
 北八が岳(天狗岳〜硫黄岳〜横岳) Heidi  2022年10月24日(月) 1:19
修正
当初、鹿島槍ヶ岳〜五竜岳へ行く予定でしたが、連日の雨予想のため
急きょ場所を変え8月6日〜8日「北八が岳」へ行ってきました。
※今さら...ですが、雪山も楽しそうなので、敢えてご紹介する事にいたします。

1日目は日本最高所野天風呂の本沢温泉へ。もちろん水着持参です。

翌日の天狗岳は、東・西ともにとっても良いお天気。少し場所を変えるだけでこんなにも天気が異なるのかとびっくり。
夏沢峠を越え硫黄岳へ着くと、ん?これは7月に男性チーム4名が行かれた大同心・小同心!コマクサの先にそそり立っています。これをクライミングされたのかと思うと、本当にかっこいいと感動。

最終日は横岳へ行くも、その日中に帰宅するため奥の院で折り返しました。

※「夏沢鉱泉」「根石岳山荘」は同グループ。冬季はJR茅野駅や駐車場から車両&雪上車での送迎あり。
「根石岳山荘」はスノーシューのレンタル有り。小屋の前は広場となっており体験可能。慣れると天狗岳など遠方へ。
夕食は、大豆から手作りした自家製味噌による「ぼたん鍋」に舌鼓み。なお、天気が良いと槍ヶ岳を眺められるお風呂は冬季は休みだそうです(5月末〜10月中旬限定)。帰りはどちらの小屋からも、また送って頂けます。

 マルチピッチクライミング 不動岩 hama  2022年10月20日(木) 15:52
修正
10月18日(火)自主山行、不動岩でマルチピッチクライミングの練習をしました。
モンチッチ、ふじちゃん、hamaの3人でダブルロープ使って2ピッチルートを3本登りました。
トップの交替で登り、懸垂下降で下降を繰り返した。

 会の運営を考える集い 奈良県文化会館 hama  2022年10月19日(水) 10:43
修正
10月16日(日)会運営のリーダーづくりをみんなで考えよう、と「会の運営を考える集い」が奈良県文化会館で行われた。

会員30人が参加して、13時開始、全体の自己紹介、集いへの提言、続いてパネラー3人の報告が行われた。

パネラーそれぞれのテーマは「奈良ハイクに入会してよかったこと」、「会の運営は全員で」、「事務局長を引き受けて」で、報告後パネラーへの質疑応答が行われた。
その後、4つの分散会が各部屋で行われた。
1, 会に入ってよかったこと、
2, 会でどんなことをしたいか、
3, 今後の活動で自分に何ができるか、
4, 役を引き受けてもよいと思っているか、
5, 会への要望などもだされた。

率直な議論は行われ、全体会場に戻り、各班の代表者から議論の結果を発表された。

  tomiga(K.K)  2022年10月15日(土) 12:07
修正
快晴。阪急芦屋川駅8時集合の時点で暑く全ての参加者上着を脱ぐ。
高座の滝からのロックガーデンはパーティーの間隔をあけ慎重に進む。
風吹岩から雨ヶ峠までは多少の上りはあるが緩やかな山道を気持ちよく進む。
七曲り直前の渡渉で一人が滑ったがすぐに立ち上がり何もなかったようでホットする。
六甲最高峰登頂の最後の急登七曲りも新入会員の方も含めて好調に歩く。
六甲最高峰登頂後、六甲越で1時間かけて昼食。参加者の皆さん交流を深めていただいたようだ。六甲越から有馬温泉へ魚屋路、最後は有馬稲荷神社への近道を使って下山。ガレ道の急坂だったが全員無事に下山。お稲荷さんに感謝。
ロックガーデン〜風吹岩で20分遅れたが後は計画通りに歩くことができた。

 大和小泉の慈光院を歩く ウェンディ  2022年10月12日(水) 11:11
修正
10/11(火) 大和小泉の慈光院を歩く 自主15名
「近場の軽め歩き」の第5弾、今日は地元、大和小泉の慈光院を歩いてきました。
大和小泉駅〜小泉(片桐)城跡〜慈光院〜バス〜法起寺〜中宮寺跡史跡 約6キロです。
慈光院は江戸初期の茶大名、片桐石州ゆかりの禅宗の寺院ですが、お寺というより、境内全体が茶席の趣でした。茅葺の農家風の書院で約30分和尚の説明に耳を傾け、国の史跡に指定された見事な庭園を拝見しながら、抹茶の接待を頂戴しました、静かで心和むひと時です。
昼食は慈光院の名物絶品の「石州麺」です、稲庭うどんのような石州麺は過日、火野正平さんの「こころ旅」でも紹介されてメチャ美味しそうでした。ここ数日、一気に寒くなって来たので、暖かい石州麺でお腹ホッコリにしてくれました。
昼食後は斑鳩の法起寺から中宮寺跡史跡にブラ歩き、咲き始めた色とりどりのコスモスにも癒されて、いい一日になりました。
軽めのユックリ歩きもいいもので、次の歩きは「紅葉狩り」になればいいかなぁ!

 初級教室テント泊 曽爾高原 岸田 清光  2022年10月10日(月) 17:09
修正
10月8日〜9日、初級教室テント泊講座を開催しました。
曽爾高原の青少年自然の家キャンプ場に受講生9名教育部員4名の13名が参加しました。
1日目午前は後古光山に登り、午後は貸出テント5人用3棟を職員さんの説明を受けて、受講生が皆で初めてのテントを「こっち?あっち?」と言いながら設営。次に個人所有のテントを7棟設営、常設テント2棟でテント村完成です。
夕食はちゃんこ鍋です。「まき割り」「火起こし」「味付け」等をそれぞれ分担して作業。やはり自分で作ると皆が「美味しい」と舌鼓をうつ。
日も暮れてきたのでススキのライトアップがあるのでナイトハイクに出発。お亀池の周りのボンボリが灯り亀山峠の上の月とススキの幻想的な景色を楽しみました。
キャンプ場に戻りキャンプファイヤーをしてそれぞれの記憶に残る山行や景色、思い出を語り楽しい時間を過ごして22時に就寝しました。

2日目は朝6時起床、起きると雲の流れが速く天気予報では雨の様相です。テントを撤収してから留尊山に向け9時にテント場を出発。
亀山峠から稜線に出ると風が強くなり小雨となる。日本ボソに着くと風がより強くなり小雨が降りだして下山時の滑るのが心配で途中ですが引き返して11時に全員無事に下山しました。

受講生の皆さんにテント泊を体験していただき、新会員同士の交流を深める良い機会となりました。

 例会・釈迦岳〜堂満岳山行 tomiga  2022年10月9日(日) 20:36
修正
10月8日 例会・釈迦岳〜堂満岳山行、参加者は8名でした。
前日の雨で、多少足元は濡れていたが、釈迦岳の登りは問題なかった。釈迦岳から堂満岳の尾根歩きでは風が多少強く、途中3か所の登山道が少し崩れた場所があり、注意しながら歩行、また、堂満岳から下山は急下りで、滑りやすいところもあったが、ゆっくりと足元に気をつけながら歩いた。今回の山行は歩行者のレベルが同程度であり、予定の歩行時間が予想していた時刻より早く登山口に到着できたために、早めの出発時刻のバスを利用することができた。
参加の皆様、安全な登山ができたこと、ありがとうございました。

 秋のマイクロバス山行 hama  2022年10月6日(木) 17:42
修正
10月1日(土)〜2日(日)、企画部主催の秋のマイクロバス山行に20人が参加しました。
バス会社連絡で道路事情により、急遽2日目のコース(下山口)が変更となりました。また、前回の台風の影響を受けて2日目のコース途中に2か所の崖崩れがあると当日弥山小屋のご主人から報告を受けたこともあり、コースを弥山〜釈迦ケ岳から、弥山〜行者還岳に変更しました。

参加者の力量を把握していなかったので、2名の方には待機して頂いた区域が生じたこと、ご心配をお掛けしました。
皆さん、無事に下山することができました。
当初、Cランクで厳しいコースであることから、参加者の力量把握のうえ、参加受付をすべきと感じました。
2日間とも天気に恵まれ、山並みはくっきりと見え、特に八経ヶ岳から見た雲海は大変見事でした。
ご協力ありがとうございました。   (文・teru)

 亀の瀬の地すべり地域を学ぶ ウェンディ  2022年9月30日(金) 11:12
修正
9/29(木)「亀の瀬」地すべり地区を歩く 自主11名
そこは、奈良と大阪の国境にある天然の関所、JR関西本線の三郷の西側にあります。
太古の昔から、近くは明治から昭和の初期にかけて3度の大きな地すべりを引き起こし、
地すべりとの共生と闘いの歴史を刻む場所です。
大和川の右岸、昭和の地すべりによりJR関西本線のトンネルが崩落し、関西本線の線路は現在も崩落の危険地を回避するため鉄橋で大和川を跨ぐことで迂回を余儀なくされています。私達の地元の自然災害のことでも結構知らないことも多いですよね。
今日は亀の瀬地すべり資料館を訪問し、国交省大和川河川事務所の職員の方から約1時間にわたって、地すべりの実態や数十年にわたる地すべり再発防止の対策実施状況の説明をしていただきました。
地下水を集める巨大な井戸である「集水井戸」や「排水トンネル」、「集水ボーリング工事」、「数百本の鋼管杭」など様々な対策を現在も継続して実施されているそうです。
キャッチフレーズは「地すべりを防ぎ、開かれた地域を目指して!」です、自然の猛威と人間の人知の共生が評価され「日本遺産」に指定されているそうです。
近場の軽めの歩きで郷土の自然現象を学び、いい一日でした。
コロナ禍は未だ収まらずですが、秋本番も間近です、今度は真っ赤な紅葉を求める近場歩きで鈍った脚を元気付けましょう。お疲れ様でした!!ありがとうございました!!!


 大峰 行者還岳・七曜岳 ひろっちゃん  2022年9月29日(木) 14:28
修正
9月25日(日)自主 3名参加
8:00国道309号線90番ポスト登山口、8:55大峰奥駆道分岐、10:05行者還岳、11:05七曜岳、14:00 90番ポスト登山口
参加者のコメント
今日はご一緒させていただき、ほんとにありがとうございました!私には、本当に憧れで目標の大峰の山に、こんなにあれよあれよと言う間に一緒させていただく機会をいただき、嬉しさより緊張と不安先行でしたが行けてよかった、ほんとに感謝しています。ありがとうございました。
運転お疲れさまでした。今日は稜線歩きできれいな大峰の山々を堪能することができました。お蔭様で迷いやすい道でしたが無事山行を終えることができ感謝です。楽しい山行をありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24  全 300件 [管理]
CGI-design