奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)未入力は修正不可
パスワード
 企画部主催のんびり山行 矢田子どもの森 NOR  2023年12月15日(金) 15:23
修正
企画部では納山会に続き、会員、特にA山行を希望される方を中心とした親睦を目的として矢田子どもの森へのハイキングと野外調理を計画しました。
平日にも関わらず、31名もの申し込みがあり、CLとSLはてんやわんや。
が、当日、参加の皆さんが惜しみなく力を貸してくださり、皆んなでわいわいがやがやと、学生時代いやもっと昔に戻ったように心温まる時間を共有することができました。
重い大鍋を下ろした人、焚き火を囲んで火の手入れをする人、きのこの炊き込みご飯と具沢山の豚汁の味見を何度もする人、串に刺したマシュマロを炙る人、きな粉もちに手際よくきな粉をまぶす人、、、。皆さんがすこぶる真剣に、かつ楽しそうに作業されている姿を見て、可笑しくて(失礼!)そして胸がいっぱいになりました。
最年長のMさんの指揮で「里の秋」を合唱し、浜口会長の一本締めで締めくくりました。今年もあとわずか、皆さんにとって平穏で健康な日々が続きますように。

 雪山講座 ピッケル・アイゼントレ ひろっちゃん  2023年12月11日(月) 13:49
修正
12月10日(日)蓬莱峡 12名参加
スキルアップ例会/雪山講座実技の併催でピッケル・アイゼントレを実施
午前:砂場でピッケル・アイゼン歩行
午後:屏風岩でアイゼンにてトップロープクライミング
スキルアップ例会での参加者はなく、3班に分かれ雪上歩行を想定し訓練した
奈良労山の30人をはじめ多くの方が、ピッケル・アイゼントレ・クライミングを行っていた
暖かな好天の中行え、幸先の良い雪山スタートとなった

 2023年度 奈良ハイキングクラブ納山会、加西アルプス hama  2023年12月9日(土) 7:32
修正
12月3日(日)、企画部主催2023年度、奈良ハイキングクラブ納山会が加西アルプスで実施されました。

朝7時西大寺駅集合、朝早くから賑わっていました。
本日は36名の大所帯、多くの申し込みありがとうございました。
大型バスにて遠足気分でワクワク出発です。
バスの移動中雨がぽつぽつ!不安でみんなでくもり顔
ところが着くと快晴。暖かく心地良いお天気。
ストレッチを済ませ、3班に分かれて出発です。
新しくお仲間入りしたお二人も早速申し込んでくれました。
普段合わない人とも交流が出来て良かったです。
ちょっとした岩場にワクワクドキドキ!
あちこちで会話が弾んでいます。
みんなで無事に下山。
そこからバスは入浴施設ユピカへ。
お風呂で温まり、ビールで乾杯!
ほろ酔い気分で、ウットリ〜
交流をテーマにした納山会らしい企画が出来たなーと思っています。
皆様、ご参加、ご協力ありがとうございました。 (文・teru)

 兵庫の白髪岳山行 とみが  2023年12月1日(金) 18:33
修正
山行日:11/25(日) 参加者:5名  走行時間:5時間40分
古市駅から登山口まで約1時間道路と林道を歩いた後、白髪岳まで、急な登りと2か所の岩場を注意しながら歩きました。白髪岳の頂上から一旦、急な下りを降りた後、再び、松尾山へのゆっくりとした登りとなった。松尾山にて、昼食を取ったあと、篠山駅への下りとなるが、稜線が続きで歩きやすい道であり、複数回のアップダウンを繰り返し歩きました。参加人数が少なく、予定の時刻より、約50分早く下山することとができました。参加の皆様、安全な山行ができ、ありがとうございました。ご苦労様でした。

 京都洛南の紅葉三昧 ウェンディ  2023年11月29日(水) 11:21
修正
11/28(火)京都洛南の紅葉三昧 自主11名
京都の紅葉は観光客が多く大変ですが、今年最後のノンビリゆっくり歩き、紅葉三昧の京都洛南の寺巡りに行ってきました。
東福寺塔頭の光明寺〜東福寺〜泉涌寺〜今熊野観音寺 8キロ、12千歩
光明寺は昭和の名庭師、重森三玲の作庭で「虹の苔寺」の異名をとり、枯山水の庭園に紅葉が美しく映えてくれました。東福寺では通天橋を覆い尽くす真っ赤な紅葉の雲海が見られ、正に絶景紅葉です。次に訪れた御寺泉涌寺、皇室から篤く信仰された天皇家の菩提寺です。清々とした静けさのモミジ庭にウットリのひと時を過ごしました。最後は西国巡礼15番札所の今熊野観音寺です、この日は紅葉の撮影会でアマチュアカメラマンが寺内を埋め尽くし、肝心の紅葉を楽しめず、残念ながらの素通りでした。
それでも紅葉見頃の三寺三様の見頃のモミジ歩きに満足の一日になりました。
史跡巡り主体のノンビリゆっくり歩き、今回が今年の最後ですが、来年も楽しみましょう。

 六甲全山縦走 西半分トレーニング ひろっちゃん  2023年11月6日(月) 13:35
修正
11月3日(金・祝)自主 須磨駅〜新神戸駅 ソロ
JR須磨駅8:30-8:45山陽須磨浦公園駅-10:15東山-11:14高取山-12:09鵯越駅-13:06菊水山-13:59鍋蓋山-15:00新神戸駅
大阪環状線のダイヤ乱れがあり大阪駅で1本早い電車に乗れ、今回は須磨駅より歩き出した。天候も良くハイカー、市ケ原ではキャンプをする人が多かった。
菊水山・鍋蓋山での登りは息が上がらないように心掛け牛歩状態だった。
次回11日(土)は新神戸駅〜宝塚駅の東半分。
全山縦走本番は11月25日(土)。今年はソロで歩く事となり、暗くなってからの東縦走路でのアクシデントが心配。神戸市主催日に合わせれば良いが、その日は会の大事な山行がありダメ。明るいうちの下山を考えれば、自宅から車で行き須磨駅近辺にデポ/宝塚下山後の車ピックアップがベストか?

 東半分トレーニング ひろっちゃん  2023年11月13日(月) 15:53 修正
11月11日(土)自主 新神戸駅〜宝塚駅 ソロ
新神戸駅9:09-摩耶山11:00-ガーデンテラス12:37-六甲山13:20-大平山14:24-宝塚駅15:36
翌日に神戸市主催六甲全山縦走があり、所々に大会の立看板があった。大会前日だから(?)歩いている人は少なく感じた。

 六甲全山縦走 本番 ひろっちゃん  2023年11月28日(火) 11:46 修正
11月25日(土)自主 須磨浦公園駅〜宝塚(44.5q/12時間5分/累積標高差3200m) ソロ
須磨浦公園駅4:40-6:14東山-7:15高取山-8:58菊水山-9:48鍋蓋山-10:22市ケ原-11:50摩耶山-14:19一軒茶屋-15:21大平山-16:45宝塚駅
今年はお付き合いいただく方がなくトレーニング・本番ともソロとなった。心配していた1週間前のクライミングで痛めた足親指爪の影響はほぼ無くひと安心。
当日はボーイスカウトの全縦や20代アベックも宝塚を目指していた。(我が娘にアベックは意味が通じなかった、死語か?)摩耶山以降の稜線では風が強く寒かった。
摩耶山(掬星台)東屋で昼食休憩をしていると雨が降り出す。ここまで来れば8、9割宝塚にゴールできるが、この先も辛い箇所があり雨を理由に撤退が頭を過ぎる。ただ、レインウェア・傘を装備し雨を撤退の言い訳にできない。結局は食べ終わる頃には雨が止んでいた。
今年も何とか歩け、15回目の完歩。来年も元気で歩きたいものた。

 久しぶりの烏帽子岩 ひろっちゃん  2023年11月21日(火) 13:54
修正
11月19日(日)クライミング例会 6名参加
JR道場駅9:10-9:30烏帽子岩15:40-16:00JR道場駅
2班に分かれ各自5〜6本登った。ここ最近は蓬莱峡でのクライミングばかりで楽をしていた為、登れていた所も歯が立たずルールに反し持てる物は全て掴んでいた。また、下手な足指の爪切りをしていて、爪下からの出血があり痛みを堪えての一日だった。(以下、参加者の感想)
今年初めて岩講座を受けられた新人さん二人が見事にスルスル登ったり、ド根性でクリアされた様子に頼もしさを感じました。
初の烏帽子岩でしたが、これまでの蓬莱峡と違ってホールドが少なく足元も滑りやすく、とても難しかったです。トップロープに助けてもらいましたが、登れた時はとても達成感がありました。
楽しく登らせていただき、ありがとうございました。でも、クライミングがかなり久しぶりだったので全然ダメダメで、もっと練習機会を増やしたいなぁと思いました。
どうやったらええのんや?と、悪戦苦闘した所を他の方々は着々淡々と登って行かれるのを見て驚き、感動しました。「私も頑張るぞ!」と思いました。(表向きです。私には無理や…と弱気になります)

 モミジの琵琶湖疎水を歩く ウェンディ  2023年11月20日(月) 10:20
修正
11/19(日)紅葉の琵琶湖疎水を歩く 例会14名
昨日まで雨日でしたが、今日は参加者の皆さんの願いが叶い、秋晴の一日になり澄み切った青空のもと、紅葉の琵琶湖疎水を歩いてきました。
大津の三井寺(スタート)〜小関峠〜第一琵琶湖疎水〜山科の毘沙門堂〜琵琶湖疎水に復帰〜一旦解散〜任意で南禅寺(最終解散)
今日、雨上がりの三井寺からは琵琶湖が一望(ここも絶景)、ここから琵琶湖疎水をユックリと歩き、途中の毘沙門堂では秋本番の赤モミジ、そして最後の番外南禅寺では正に真っ赤に色づく紅葉が迎えてくれました。
琵琶湖疎水は明治の東京遷都で元気をなくした京都再建のための一大プロジェクトで150年を経た現在も京都の上水道や水力発電として利用されているそうです。
そんな歴史を感じつつ、歩く道は黄葉の落ち葉道、楚々と流れる疎水道、見上げれば赤く色づく見頃のモミジ、ワイワイがやがやの6時間、12キロ、20千歩、チョット疲れたけれど、心地よい、いい一日でした。
Aランクの例会山行計画は凡そ半年ぶり?なんです、CL・SL、そして参加の皆さん、嬉しい企画を有難うございました。
次の今年最後のAランク例会山行、企画部主催「矢田こどもの森」で又、お会いしましょう。


 ハイカーの為の搬出訓練 hama  2023年11月15日(水) 8:27
修正
11月12日(日) 2023年度奈良県勤労者山岳連盟搬出訓練が矢田子ども交流館で実施され、(奈良ハイキングクラブ18名、山楽会2名、奈良労山4名、西大和の会6名)の30名が参加、毎年県連」傘下の会が持ち回りで催し、今年は奈良ハイクが担当した。

午前9時、大和民族公園多目的公園広場に集合し、矢田子どもの森交流館まで約1時間ウォーミングアップアップハイキングで到着。炊飯棟にて応急手当訓練開始。
担当は奈良ハイクのモンチッチさん。搬出技術訓練実施要領に基づき説明しながら訓練進行。
各班、1班(リーダー竹ちゃん・アザレア)、2班(ふーやん)、3班(あけどん)に分かれ、班のリーダーがサポーターになり実施。
@ 胸骨圧迫方法、ペットボトルによる患部水洗浄、
A たたみ三角巾の作り方 たたみ方、本結びの実習
B 三角巾による膝、肘、腕の吊り方、足首捻挫の固定法の実習
C ストックによる松葉杖の作成

昼休憩後  子ども交流館に移動して搬出訓練及びロープ結索訓練
D 事故発生時の対応心得や救助要請サインなど搬出技術訓練実施要領に基づき
E 一人搬送、支持搬送、二人搬送(ヒューマンチェーン、前屈二人搬送)
・担架 搬送(レジャーシートやツェルトとポールを使用、ザックを連結)
    ・*ザック連結はチェストとカラビナによる連結を実施
    ・スリングによる簡易ハーネス(スリング1本と2本による方法の説明)
    ・*簡易ハーネスは一人で背負い搬出
F ロープ結索: 支点のカラビナに掛けるグローブ・ヒッチ(固定)と
半マスト(懸垂下降)の結び方、及び緊急脱出の方法

盛り沢山行って午後2時30分 講習終了した。
(写真・文 エイジュドウ)

 奥わさび谷左岸尾根〜マナコ谷周回 さか  2023年11月14日(火) 7:34
修正
2023年11月11日(土) 例会 奥わさび谷左岸尾根〜マナコ谷周回

【ルート】木屋谷雨量観測所〜マナコ谷登山口〜奥山谷登山口〜ワサビ谷渡渉地点〜奥ワサビ谷左岸尾根〜P1286〜判官平〜P1394〜ヒキウス平〜檜塚奥峰〜マナコ谷登山口〜木屋谷雨量観測所

台高山脈の桧塚奥峰に、奥ワサビ谷左岸尾根からマナコ谷コースに行くバリエーションルートを含む周回コースで行きました。渡渉や落ち葉の積もる急登を頑張りました
気温低めで風が冷たく、ガスで午前中展望が得られませんでしたが、稜線の開けた場所では樹林帯の美しさが印象的でした
昼からは時折ガスが晴れて雄大な台高山脈を望むことができました
雪や春など季節を変えてまた行きたいです(文:mikan)

1 2 3 4 5 6 7 8 9  全 100件 [管理]
CGI-design