奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)未入力は修正不可
パスワード
 六甲全山縦走トレーニング 西半分 ひろっちゃん  2022年11月4日(金) 11:01
修正
10月29日(土)自主 菊水山・鍋蓋山 3名参加
須磨浦公園駅9:00-9:50高倉台-10:36東山-11:40高取山-12:40鵯越駅-13:40菊水山-14:38鍋蓋山-15:45新神戸駅
今年も恒例の六甲全山縦走に向けてのトレーニングがスタート。今年はあらたに新入会員の40代男性が加わった。マラソン・自転車・スキーなど経験があり、活発な方で菊水山山頂直下・鍋蓋山の登りでは先に歩いていただいた。(かなりな健脚)
コースタイムは昨年とほぼ同じ。(ひと安心)
次回は11月12日(土)、新神戸〜宝塚の東半分。

 六甲全山縦走トレーニング 東半分 ひろっちゃん  2022年11月14日(月) 11:26 修正
11月12日(土)自主 六甲山 2名参加
新神戸駅9:00-9:38市ケ原-10:52摩耶山-13:23六甲山-14:40大平山-16:00宝塚駅(29.5q)
新メンバーの40代男性は、足に違和感があり今回は見送り。西半分同様にハイキング日和、少し暑いくらいだった。
先日の雪彦山・地蔵岳に続き同日に別会員の山行があり、お互い山行計画書通りのコースタイムで六甲山で会う事ができた。
予定のトレーニングを終え、11月26日(土)須磨浦公園〜宝塚までの本番。

 六甲全山縦走 本番 ひろっちゃん  2022年11月28日(月) 12:07 修正
11月26日(土)自主 六甲全山縦走 2名参加
須磨浦公園駅4:43-5:31高倉台-6:16東山-7:26高取山-9:11菊水山-10:05鍋蓋山-10:37市ケ原-12:10摩耶山-13:52ガーデンテラス-14:40一軒茶屋-15:50大平山-17:20宝塚駅(44.5q/累積標高差3200m)
菊水山の登りなど時折の雨はあったが、レインウェアを着ることなく歩き通した。冷え込みもなく快適に歩けるはずが、高取山以降の登りで大幅にペースダウン(何度も立ち休憩)。本番前の充分なトレーニングと足の攣りへの対応準備の必要性を痛感。もっと早くゴールできたはずなのに、同行のみいちゃんには迷惑を掛け、苦い14回目の完歩となった。来年にリベンジを!

 ちょっとマイナールートで秋の六甲へ anna  2022年11月25日(金) 17:25
修正
11月20日(日)例会 長峰山・摩耶山 12名

天気予報は数日前から雨予報。しかし、てんくらでは六甲、摩耶山は曇り予想。朝から雨雲レーダーとみらめっこして悩みました。SLと相談して、雨が降った時はロープウェイ、ケーブルカーを利用して下山する事を決めて、決行しました。結果的には、晴れ間も出て楽しく山行出来ました。

篠原台登山口までは45分程の長〜い登りの住宅地歩きです。おしゃべりしてたからすぐでしたね^^;登山口からは、いきなり急登があり、藪漕ぎも覚悟していましたが、綺麗に刈り込まれていて歩きやすかったです。長峰山の天狗塚に到着したときは、青空が出てきて、皆さんの笑顔が青空に映えています。ここは360度の眺望ありです。シェール槍では、「槍ィ〜」ポーズ!!摩耶山三角点も踏んで、急な山寺尾根も無事下山して六甲の秋を満喫しました。
歩行距離12.6km、累積標高差1025m お疲れさまでした。

 小谷城址から小谷山 Heidi  2022年11月24日(木) 0:41
修正
11月19日(土)小谷城址から小谷山 例会 参加者15名

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」ゆかりの地である浅井氏の居城であり、信長との激しい攻防戦が行われた小谷城は国指定史跡の山城。

当初は電車予定でしたが、車4台に変更。
登山口駐車場はシャトルバス発着所でもあり、この日はベストシーズンのため「小谷城戦国歴史資料館」へ移動し駐車。

危険個所もなく、紅葉が綺麗で歩きやすい道でした。
辻々では、地元の小学校5・6年生による「小谷城こどもガイド隊」の説明があり、戦国時代に思いを馳せると同時に、眼下に広がる近江平野とびわ湖の大パノラマを眺めながら、ゆっくりと楽しみ歩くことができました。

下山後、飛鳥の時代よりあり、戦国武将やその身を案じる妻たちを癒してきたという、鉄分を含む赤褐色の源泉かけ流し「須賀谷温泉」で汗を流しました。
浅井長政やお市の方も湯治をしたという歴史ある名湯ですが、出てきた殿方は、皆、「時任三郎(大河配役)」、姫君は、皆、「鈴木保奈美(大河配役)」に自称?なっていたようです。

 紅葉の八瀬大原三千院を歩く ウェンディ  2022年11月22日(火) 13:12
修正
11/21(月) 紅葉の京都の八瀬大原三千院を歩く 自主6名
先週例会の日曜日が雨、この一週間は天気予報とニラメッコの日々でしたが、リベンジで今日、自主で紅葉の三千院を歩いてきました。
大原バス停〜三千院〜後鳥羽上皇御陵〜宝泉院〜国立京都国際会館
今日、雨上がりの三千院に入ると青々とした苔庭に映える木々、のどかな童地蔵、歩く道は黄モミジの落ち葉道、そして真っ赤に色づいた見頃の紅葉が迎えてくれました、感動でした!!
NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人に出てくる後鳥羽上皇の御陵を経て、小さいながら綺麗なお庭の法泉院でお茶を一服いただきながら眺める大原の里です。
帰途、昭和の名建築である国立京都国際会館に立ち寄り、比叡山遠望に感動し、ペチャクチャとお喋りコーヒータイムで一日終了、紅葉・黄葉・みずみずしい木々・秋の空気がご馳走で、満足一杯の一日でした。
これからも近場のユックリ歩きで鈍った脚を元気付けましょう!
森田

 初SL山行 高取城址 奈良百遊山  2022年11月13日(日) 14:09
修正
11月12日(土)    例会 初SLサポート山行   10人

天候と気温24度の穏やかでBランク設定ですがAに近いB的コースで山行日和でした。
駅から石畳みの土佐街道を歩く。途中に浄瑠璃や、歌舞伎、講談などで有名な お里、沢市の墓がありました。
この「土佐」の名前は飛鳥時代に朝廷から都造営に駆り出された土佐の人が帰郷できずに、この地に住み着いた事が起源だそうです。
壺阪駅から漢方薬の町らしき風情を感じながら壺阪寺まで少々登山らしき山道を登りお寺で一息。山頂までの途中に大きな岩に彫られた五百羅漢が有りました。
*お寺のトイレ借用したが有料(入場料同額)である事が発見!!
高取城は標高583.6m建てられ城下町麓からは446mで近世城郭では日本一の高低差を誇り日本三大山城の一つで全国屈指の名城でした。(お城登山口に無料資料が有ります)
(参考)城内では再現CGアプリでも楽しめます
お城から下山中に国見櫓で一息し快晴の葛城山風景を見学、砂防公園でも紅葉をみて ワイワイ・ガヤガヤ盛上がり土佐街道の城下町楽しみながら駅まで無事下山
初SL山行:拙いSLでしたが皆様ご協力頂き有難う御座いました。
初SLデビューの旅天狗さん お疲れさまでした。          (文 旅天狗、奈良百遊山)

 雪彦山地蔵岳東陵ノーマルルート,マルチピッチクライミング hama  2022年11月5日(土) 12:04
修正
11月2日(水)〜3日(木祝)自主山行、雪彦山地蔵岳東陵のマルチピッチクライミングに行きました。
ひろっちゃん、モンチッチ、ふじちゃん、hamaの4人。
2日はバンガロウ泊、3日は5時起床、明るくなって出発。
アプローチで迷い、取付きに7時20分着。
hamaとふじちゃん、ひろっちゃんとモンチッチがロープを組んだ。他のパーティーはいなく、このルートは我々だけだった。
紅葉がきれいで天気も良くさわやか気分。

hama とふじちゃん組が先に登攀。このルートは4人とも昨年に続いて複数回。ふじちゃんにも2つのピッチをリードしてもらった。
頂上直下の5〜6ピッチあたりで地蔵岳頂上から大きな声で手を振って励ましてくれる女性の声がする。今日雪彦山周回コース組の我がクラブの美女3人で、この声援で元気をもらった。
最後のピッチはふじちゃんのリードで登頂した。ひろっちゃん、モンチッチも登頂し美女達が温かく迎えてくれました。
ありがとう。11時20分無事終了 
写真(ひろっちゃん、ふじちゃん、あけどん、hama)

 矢田 読図山行 あけどん  2022年11月1日(火) 17:51
修正
10月30日 日曜日 天気 晴

参加者25名だったため5班に分かれてグループ行動をしました。ミッション5つを課題にし地図とコンパスを握りしめて時間差で出発しました。矢田山は地形が複雑で分岐や管理道、農道、廃道が多くため読図には難しいと言われています。しかしこの付近に在住の会員の方も多く親しまれた里山であるため簡単に歩かれてしまいそうでルート選択は何回も下見をしました。あまり知られていないルートを選んだつもりでしたので悩まれたり間違ったりされるのを見てやったー!と楽しかったです。(班長5人の声)反対に楽々と読破される実力者の方々にも感心しました。
罠にひっかっかって下さった皆様ありがとうございます。
今回の山行で読図の魅力と大事さが少しでもお伝えできてればと思います。 SU部員、教育部員の皆様の沢山のご協力もあり悪路にかかわらず全員無事足湯に笑顔で到着、
何よりでした。ありがとうございました。写真提供 林様

 例会 東山トレイル(大文字山を中心に) anna  2022年11月1日(火) 17:14
修正
10月30日(日)晴れ 例会 東山トレイル(大文字山を中心に)参加者9名
秋晴れの天気にも恵まれ、予定通りの時間で全員無事に下山することが出来ました。参加者の皆さん、この軽登山を終えた充実感を抱かれていたようです。
週末とあって、大文字山頂上は大勢の人たちで賑わい、昼食場所を見つけるのが難しいほどでした。大文字火床付近に立って眼下の京都の街並みを見下ろす時、人口130万人以上の都市の市街地に面して手軽に登れる近郊の山があることの良さを改めて思いました。
注意点として、よく知られた登山コースなのでルートが多数あり、念入りに下見をしていたことの甲斐がありました。 (文、シゲチャン)

 黒部 下ノ廊下 ひろっちゃん  2022年10月26日(水) 14:53
修正
10月20日(木)〜22日(土)自主 3名参加。
1日目:12:20扇沢-13:30黒部ダム(観光)-15:20ロッジくろよん
2日目:ロッジくろよん5:00-7:00内蔵助谷出合-9:00別山谷出合-11:10十字峡-13:00仙人谷ダム-14:20阿曽原温泉小屋
3日目:阿曽原温泉小屋4:00-5:50志合谷-6:40大太鼓-9:00欅平
念願の下ノ廊下をテント泊装備(20s)で歩いた。2日目の明け方は放射冷却でテント内は0℃と想定外に寒く、ある物全てを着込む。(3日目の朝は10℃)黒部ダムから川辺まで急下降し、何の危険もない所にある木道(濡れ/下り/左傾斜)で見事に滑り転んだ。リュックが重いと体勢を立て直す事はほぼ無理で、いかに上手くこけるかだけ。幸いに何事もなく終えたが、怪我でもしていると山行中止・下山となっていた。
序盤にそんな事があり、欅平に下山するまで下り急傾斜/岩場では慎重に歩いた。2日目のロッジくろよん〜阿曽原温泉はコースタイム+80分、3日目の欅平までは何とかコースタイム通り。同行者にはご迷惑を掛けた。(ごめんなさい)
阿曽原温泉小屋では男女入替(遅い時間は制限なし)の露天風呂・源泉トンネルのサウナがあり、サッパリした。小屋泊の2名は2日間ともお風呂あり、食事はおいしくお腹いっぱい食べたようです。
山行の1ヶ月ほど前から阿曽原温泉小屋発信の登山道情報を毎日チェックし、下ノ廊下開通が間に合い良かった。紅葉ピークには少し早かったが、十二分に堪能できた。何よりも全員無事に下山でき良かった。
3日間、ありがとうございました。

 烏帽子岩 クライミング hama  2022年10月24日(月) 6:55
修正
10月22日(土)、例会、烏帽子岩クライミングにTさん、あけどん、1時間目、ふじちゃん、hamaの5人が参加した。

これまで、講座・自主のマルチピッチクライミングのロープワークを中心に蓬莱峡や、不動岩東壁が多かった。
久しぶりに、トップロープでクライミングスキルアップ目的の烏帽子岩に来ました。
グレード5.7、5.8、5.9を1人7本登り、達成感と同時に今後の課題も見えた。

写真(1時間目、ふじちゃん)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24  全 300件 [管理]
CGI-design