奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 世界遺産比叡山延暦寺を歩く ウェンディ  2019年11月12日(火) 21:21
修正
11/12(火) 自主 世界遺産比叡山延暦寺を歩く 7人
比叡山は標高848mですが、今回は山頂までの往復共にケーブルを利用、それでも悠久の時が流れる天空の聖地、世界遺産の延暦寺を中心に山中を歩くこと19千歩、約10キロ、いい一日でした。
色づき始めた紅葉と杉木立に包まれた静寂の延暦寺根本中堂では天台宗伝教大師最澄による暗闇を照らし導く不滅の法灯に感動しました。
何と1200年にわたり灯し続けてきたものだそうで、継続は偉大ですよね。
灯源は菜種油、油を絶やさず、油断(ゆだん)の語源だそうですよ。   
いよいよ京都の紅葉も見頃まじかです、今年も真っ赤な紅葉を堪能しましょう。


 矢田丘陵でリース作り べーやん  2019年11月12日(火) 18:26
修正
11月10日(日)例会 自然保護・婦人部共催 
8人が参加しました。みんなで宝探しさながら、どんぐりや木のつるなどリースの材料を集めたり、植物についていろいろ教わったりしながらワイワイ楽しく歩きました。リース作りでは、まるで小学生に戻ったみたい、工作を楽しみました。皆さん素敵な出来栄えで自画自賛です!物を作るのって癒されますね〜
材料・用具・あったかいコーヒー、ありがとうございました!

 例会 金毘羅山クライミング hama  2019年11月12日(火) 8:49
修正
11月10日(日)例会 金毘羅山クライミングに Tさん、小鉄、あけどん、1時間目、みいちゃん、hamaの6人が参加しました。
午前にピラミッド(左フェイスルート、ノーマルルート)
午後はホワイトチムニー(ノーマルルート、サラワリ、チムニールート)
気温は寒くもなく暑くもなくクライミング日和、各自4〜5本のルートを登りました。
岩場取付きまでのアプローチも、ハイキング気分で歩けました。
全員けが無く、楽しい一日を過ごすことができました。                                     (文責・小鉄)

 例会 大文字山 奈良百遊山  2019年11月11日(月) 21:49
修正
2019年11月9日(土)    8人

9時30分に蹴上駅に集合。すぐにインクライン(傾斜鉄道)が上を通っている高架橋(ねじりまんぽ=鉄道の荷重を支えるために、レンガを螺旋状に積んだトンネル)の下を通って京都一周トレイルの東山蹴上コースへ入る。インクラインの跡を歩き日向神社で安全祈願。そこから20分ほどで七福思案処。ここは各登山口からの分岐点。衣服調整した後に大文字山へ登る。登山道は倒木が多い。大文字山(標高466m)から雲海の上に生駒山、高安山、二上山が見えた。
ここから滑りやすい道を下って右大文字の火床で昼食。「大」の字が大きくて全体は見えず。急な下り坂を通って銀閣寺横へ下山した。永観堂でトイレ休憩の後、13時40分に南禅寺へ到着。ここで30分程散策する。外国人や、着物を着た女性が多い。紅葉の見ごろはもう少し先の感じだった。14時20分に元の蹴上に到着解散した。今日は風もなく絶好のハイキング日和でした。

 例会 愛宕山 すーさん  2019年11月11日(月) 13:21
修正
11月10日 例会 愛宕山 晴れ 参加者4名
愛宕山の山頂にある 愛宕神社は 全国900神社の総本山
9時に登山口 そこからすぐに急登が続くも S氏の軽妙な話に疲れも忘れる
途中子供連れの親子が何組も、3歳までに登ると、健康でいられるらしい
今回今年入会の橋口さんが参加、登れるか心配だとの事でしたが、なんのなんの
余裕が感じられました ( 若さのせいか? ) 頂上は肌寒い
帰りは大杉社から 柚子の里水尾を経て、保津峡駅へ
お疲れ様でした。

 納山会コース下見(大峰奥駈道) アメフラシ  2019年11月6日(水) 19:37
修正
11月3日(日)自主 
企画部員5人で今年の納山会コースの下見に行きました。
ルートは当日と同じで、吉野奥千本〜青根ヶ峰〜四寸岩山〜大天井岳〜五番関トンネル西口で、コースの状況とコースタイムの確認を行いました。
また、今年の納山会のテーマ「おもてなし」を行う昼食広場の確認も合わせて行いました。
昼食広場は四寸岩山と大天井岳の間の鞍部にありすぐ横を林道が通っているので企画部のキッチンカーが横付け出来、日当たりも展望も絶好な場所でした。
そして、今回初の試みで「温かい昼食の提供」をするための加熱剤によるお弁当加熱の実証実験も行いました。
このコース、個人で行くと五番関トンネルから洞川バスターミナルまで林道を延々と歩かねばならず、せっかくの奥駈道の楽しかった思い出が半減します。
登山口、下山口までマイクロバスが送迎してくれて、おまけに「おもてなし」まで付くこの企画のアドバンテージは大きいですよ。
詳しくはあおがきの「山行案内」「企画部だより」をご覧ください。
多くの会員のみなさんの参加をお待ちしています。
尚、申込締切日は11月10日(日)です。

 大杉谷 紅葉を求めて アザレア  2019年11月2日(土) 23:50
修正
11月2日(土) みいちゃん、小鉄、1時間目、アザレアの4人で、日本三大渓谷の1つ大杉谷で紅葉を楽しんできました。
8時過ぎに三重県側から出発し、桃ノ木山の家までのピストンの予定でしたが、時間的に厳しかったため、平等ーで折り返しました。
紅葉には少し早かったようですが、エメラルドブルーの清流に癒され、シシ渕からニコニコ滝を眺めながらの昼食と贅沢な時間を過ごせました。

 雪彦山 地蔵岳東稜、マルチピッチクライミング hama  2019年11月2日(土) 12:08
修正
10月30(水)〜31日(木)自主山行、雪彦山地蔵岳東稜ノーマルルートのマルチピッチクライミングにYとhamaでいってきました。
10月30日、13時、学園前駅南口ロータリーから車で出発、雪彦山展望台で車中泊。
31日、7時45分発。取付きへの道を迷って9時10分に到着。
先着の2パーティーに続いて9時30分頃、登攀開始。
最初Hamaがリードして、トップを交替しながら(ツルベ方式)登った。
チョット荷物が重く感じる。軽くできなかったのかと悔やむ。
Yはコンテニュアスも含め7ピッチ(高度差255m)のマルチは初めてだが、2ピッチ目のスラブ核心部、4ピッチ目のチムニー核心部を果敢にリードした。先行パーティーが経つのを待って、支点をつくる。6P馬の背リッジを登り、7P頂上直下ノーマルルートを抜けて13時20分、頂上到着。快晴で気分爽快。

 「初心者歓迎、クライミングを楽しむ」、蓬莱峡例会 hama  2019年10月28日(月) 8:47
修正
10月26日(土)蓬莱峡で「初心者歓迎、クライミングを楽しむ」例会が実施された。
クライミング初めてのRikopinとNORの2人。経験者のひろっちゃん、あけどん、なおごん、みいちゃん、ヨッチャン、hamaの合わせて8人が参加した。

初めての組と、経験者の2組に分かれた。初めての組は三点支持を意識しながらトップロープで2〜3本練習してから経験者組と合流した。ひろっちゃん、あけどんがリードで支点をづくり、ロープ3本をフル稼働。

海外出張で10ヶ月ぶりの外岩のなおごん、「まずは岩の感覚をとりもどします」と静かに闘志を燃やす。最近関東の山岳会から転入のヨッチャン、「久しぶりの岩登りです。楽しませてもらいます」と恵比寿顔。岩好きのみいちゃんは「もっと上手になりたい」と時間を惜しみ果敢に挑戦している。
岩初めての2人、最初と最後は大違い、落ち着いて上手に登っていました。

 皆さん、うまかった ひろっちゃん  2019年10月28日(月) 13:02 修正
最寄りのバス停で降りた時にほんの小雨があり心配しましたが、1分もしないうちに収まり午後からは暑い程でした。
前にも書いたように私の初岩登りは何度も落ちたところ、初体験のお二人は落ちることなく上手に登っていました。アルプスはもちろんの事、普段の山歩きにも役立つ岩登りはおすすめです。

 ?なんのことでしょう あけどん  2019年10月28日(月) 22:14 修正
全く初めてのおふたりには クライミング用語も聞きなれない言葉ばかりだったのでしょう。無事岩から降りて「バレー、なんとか」と叫んでいました。ん? 次は 「ネバーギブアップ!」?・?答えは「ビレー解除」と言うつもりだったのです。緊張からくる初々しいコールに一気に和みました。

 北摂、妙見山を歩く ウェンディ  2019年10月27日(日) 21:46
修正
10/27(日)例会、大阪みどり百選を訪ねて(北摂妙見山)11名
妙見山ハイキングコース、初谷渓谷コース:登り6キロ、全行程23千歩、4時間、結構疲れました!
コースガイド→いくつものせせらぎを渡りながら登る「大阪みどりの百選」指定の美しい渓谷コース
実際は前日の雨で川が増水し、渡渉13か所、おっかなびっくりの連続で何とか!クリア、赤目48滝よりメチャキツイ!!
渡渉の後の急登も「もうチョット頑張ろう」で歩き切った後は妙見山本宮に到着、一同何とか無事頑張りました!!
でも、今日一日は豊かな自然の山々、沢道に沢蟹が歩き、綺麗な清流、帰りの山中に小鹿がヒョッコリ、色々楽しませていただきました、これがあるから又、頑張ろうと思う一日でした、リーダーさん、お気遣い大変だったと思います、ありがとうございました。

 氷ノ山・紅葉登山 小鉄  2019年10月20日(日) 20:53
修正
 10/20(日)メンバーは、ひろっちゃん、1時間目、アザレア、小鉄の4人。
 前日に、氷ノ山キャンプ場でツエルト泊訓練の予定でしたが、雨模様のため急遽バンガローに変更。夕食は一人さみしくアルファー米が、すき焼きパーティーとなりました。
 翌日、氷ノ山に登りました。登りは仙谷コースですが、台風の影響でルートが荒れており、さながら沢登りとなりました。
 当日は、氷ノ山紅葉登山フェスティバルが開催されており、大変賑やかでした。

 皆さま、ありがとうございました。 ひろっちゃん  2019年10月21日(月) 17:26 修正
はっきりしない天気予報でしたが、2日目の晴れマークに期待し決行。1日目、シワガラの滝は近くまで行くものの最後の川の遡行箇所で水量が多く引き返し。夜は、年間数える程しかないすき焼きを山行中に堪能。
2日目、快晴のはずが曇り・ガスも、時折見える色づき始めの紅葉・氷ノ山山頂でカオナシを入れての記念撮影とサプライズも。
メンバーの中には雨中歩行初体験と充実した山行となりました。また、どこかの山行にお声掛け下さい。

 皆さま、びっくり ひろっちゃん  2019年10月26日(土) 21:59 修正
翌日、同じ仙谷コースを歩かれた方が尾根に上がった所(7/10地点)から仙谷分岐の間でクマに遭遇したようです。
持って行こうと思いながら、忘れた熊鈴が必要だった?

 スキルアップ例会「読図山行」 あけどん  2019年10月21日(月) 8:41
修正
10月20日 叡電市原駅から箕ノ裏ヶ岳、瓢箪崩れ山、岩倉駅まで17名。
当日は雨の心配もなくすっきりとした視界の中で歩くことができました。カラーで印刷された12500分の1の地図が6枚手渡されましたが予定コースの途中は未記入!登山道も記載されていない尾根や峠を越えて目的地に行けとの課題。コースアウトがあったりリーダーたちの罠が随所に仕組まれた中 全員無事に完歩できました。山座同定も2か所行い 読図の楽しさ 重要性が身についたかな?
倒木やぬかるみ状態の道も さくさくと7時間半歩き続けた頼もしい一団でした。 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  全 300件 [管理]
CGI-design