奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは「会員専用」パスワードです。 注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。
※写真・文章は当クラブHP内で活用させていただくことがあります。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 ステップアップ雪山講座・氷ノ山 eijyudo  2021年3月12日(金) 16:57
修正
3月6日(土)から7日(日) 土曜日は小雨、日曜日は晴れ

受講生6名ステップアップ部の講師・AT7名の13名が参加して鳥取県氷ノ山に行ってきました。

6日土曜日は氷ノ山スキー場に朝11時ごろ到着して12時30分から前回の講習が中止になった雪上訓練をする。小雨の中、ゲレンデの横でピッケルによる滑落防止訓練は受講生がこわごわ始めたが慣れてくると体を回転しながら落ちて止めるなど上達して皆がワイワイと楽しんだ。

7日日曜日の山行は思わぬ好天に恵まれ、青い空と樹氷そして雲海のロケーションの中を凍った尾根の雪原をアイゼンでサクサクと進んだ。遠くに雲海に浮かぶ大山は幻想的であった。そして最後はゲレンデ横の急斜面をジグザグに切って下るアイゼンワークの実地訓練でした。皆がゲレンデ下に無事に着きホット安心した。

この講座でステップアップ部の皆さんにいろいろなアドバイスや指導をいただき楽しい山行となり受講生は雪山の虜になりました。

 楽しかった! ひろっちゃん  2021年3月12日(金) 17:26 修正
CLの交代、雨予報で決行か否かの難しい判断と難航しましたが、2日目の山頂アタックは快晴のもと最高のコンディションで雪山を堪能。時間的余裕、夜の山談義・少量のお酒と小屋泊(今回は民宿泊)ならではの山行は楽しかった。
岩・沢・雪山と今期のステップアップ講座は全て終了。皆さま、ありがとうございました。来期も充実した活動を目指し頑張ります。

 淀水路の河津桜を歩く ウェンディ  2021年3月4日(木) 21:29
修正
3/4(木) 自主10名 淀水路の河津桜を歩く
春の到来を待ちわびる日々、暖かい日差しに恵まれた淀水路の河津桜を歩いてきました。
そこここの公園や山では、まだ梅が見頃になったばかりですが、淀では一足早い桜が満開です。
淀水路の桜は「河津桜」、ソメイヨシノより約一ヵ月早くピンク(薄紅)の花を咲かせてくれています。約1キロの水路に300本の河津桜の見頃が続くようですよ。
今日は河津桜の後は、大河ドラマ「晴天を衝く」に出てくる予定の戊辰戦争の激戦地や豊臣秀吉の側室「淀君」の淀城跡など、ユックリ約7キロ、4時間の「のんびり歩き」でした。
コロナの自粛は続きますが、少しばかりの「元気歩き」が何よりの健康源になってくれました。
これからも、暫くは「無理をしない、安心、安全な歩き」を楽しみましょう!!!

 ヘビさんにも会えました 展望も楽しめた蛇谷ヶ峰 J  2021年2月28日(日) 16:38
修正
2021年2月27日 10名 蛇谷ヶ峰 曇りのち晴れ
朽木温泉てんくう駐車場8:28〜釜の谷8:58〜蛇谷頂上10:19--11:07〜電波反射板11:19〜ふれあいの里センター跡12:54〜てんくう駐車場13:11

もう雪山とは言えなくて普通のハイキングになりました。
大きな雷の音が何度も響いています。
冷たい風が強く吹いています。
でもだからか遠くの山々まではっきりと見渡せます。
登り途中や頂上から見える向こうの白い山は何だろうかとみんなで山座同定を楽しみました。
左の方から両白山地や白山連峰、次に金糞岳、そして伊吹山でした。
帰宅後に気になっていたあの白い金糞岳について調べましたところ日帰りでは我々には無理だとわかりました。残念です。
今季比良の雪山シリーズも今回で最後となりました。
御参加いただきました多くの雪山ファンの皆様どうもありがとうございました。

 スキルアップ例会 赤坂山 hama  2021年2月24日(水) 12:23
修正
2月21日(日)、ステップアップ部主催のスキルアップ例会 赤坂山に17人が参加した。
CLタカ、SLふーよん

登山口から約30分の登りは雪も解けており一部木が倒れて荒れていた。
その他は一部、雪が解けている箇所があったがしっかり雪が残っていた。
雪山でアイゼン歩行。 鉄塔から山頂まででワカン、スノーシューでの歩行。下山時にシリセードを実施。
天気も良く皆様、雪山を楽しみました。   (文責・タカ)

 ギリギリ間に合った ひろっちゃん  2021年2月24日(水) 16:14 修正
皆さま、ありがとうございました。
終日シャツ1枚で済む程の快晴で登山日和でした。前日よりの高温で雪解けを心配しましたが、何とか間に合いました。鉄塔から山頂まではワカンに履き替え、飛び跳ねながらの往復は楽しかった!
次回はステップアップ部活動で今期最後となる民宿泊・氷ノ山です。よろしくお願いします。

 メルヘン童話の三峰山 山ガール  2021年2月23日(火) 9:41
修正
2021年2月19日 自主 三峰山 3名 曇りのち晴れ

寒波の翌日に新雪ねらいで三峰山へ行って来ました。
大当たりで、フカフカの新雪の中、キャーキャー言いながら歩いて来ました。
また寒波が来ないかな〜

 綺麗な雪庇に出会えました 氷ノ山 下見山行 J  2021年2月19日(金) 15:43
修正
2021年2月16日 自主 氷ノ山 4名 小雪のち晴れ

日帰りで鳥取県の氷ノ山へ。
下山後はゆっくりと温泉に泊まって帰りたかったのだが・・・
今回、SU講座の小屋泊山行の下見にありがたくお誘いいただき行ってきました。
早朝、Iさんの自宅に集合。中国道を走り氷ノ山スキー場に着いたが雪が降っている。出発準備の間にも積もっていく。リフト最上部で降りる。雪面は硬い。アイゼンを履き急坂を行く。高度1370m辺りでコースは広い平坦地になりワカンやスノーシューの世界に入る。ガスで周囲は見渡せない。しかし予報通り晴れ間が広がってきた。広い大きな雪原に我々4人だけのトレース。景色に見とれ休憩が多すぎて氷ノ山山頂までは届かなかった。本番はもっとしっかりと歩かないと・・・

 例年よりも大幅に雪がない伊吹山 J  2021年2月15日(月) 11:51
修正
2021年2月14日 自主 伊吹山 8名 街は晴れ、山は曇り、ガス

雪山講座の大日ヶ岳が中止になりどこか有志だけででもと伊吹山に行ってきました。
たくさんの雪を期待して行ったのに残念ながら登山道には雪解け水が流れ、頂上付近にも地肌が見えるありさまです。
6合目の少し上部でピッケルの使い方を練習してこれから始まる急登に備えます。雪質はシャーベットに近い。今日の雪では滑落した場合はすぐさまうつ伏せ姿勢でピッケルで止めるというのと合わせて、両足を少し開いて足の踏ん張りで止めるのがいい。
そんなことをして時間を費やしたので頂上にたどり着けるか心配しましたが予定時刻より早く頂上に立てました。ガスで展望は全くありませんでしたが全員無事に下山できましたことが何よりでした。

 柏原水仙郷ハイク 奈良百遊山  2021年2月8日(月) 11:31
修正
2021年2月7日    自主 7人

近鉄堅下駅に9時に集合して、10分程で鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこ ぬでひめじんじゃ)到着。この神社は柏原市平野、大県地区の氏神であり、背後にそびえる高尾山(標高:278m)を神体山・磐座としているそうだ。境内ではお茶の接待が有りました。神社から30分程歩くと水仙郷。沢山のハイキング客。水仙の甘い香りが一杯です。高尾山の山頂直下から山頂へは右回りと左回りが有り左回りが岩登り。高安山霊園横で少し早めの昼食。信貴山公園墓地横からロープウェイの高安山駅横 を通って高安山へ。ここは2等三角点。信貴山山頂から朝護孫子寺(信貴山寺)でトイレ休憩。護摩焚き場では何かの行事をしていました。寺から大門ダム横のハイキング道を下って信貴山下駅にほぼ予定時刻の15時15分着。解散。今日はあまり寒くなく良いハイキング日和となりました。水仙は3月上旬位まで咲いているそうですので、皆さんもどうぞ見に行って下さい。

 ちょっとの雪で我慢の釣瓶岳 J  2021年2月8日(月) 10:39
修正
2021年2月7日 自主 釣瓶岳 11名
コースタイム:細川駐車場8:15〜野街道バス停8:28〜釣瓶岳11:16--42〜イクワタ峠12:16〜ホトラ山12:45〜朽木栃生バス停13:46〜細川駐車場14:04

雪あるの??
ここ数日の温かさでどうもテンション上がらんね。
ただの里山ハイキングでもいいかっ!?

野街道バス停前あたりからハタケ谷の南側に延びる急な尾根を登る。
しばらくして傾斜が緩み快適な疎林の中の登りになる。
高度800mくらいからぼちぼちと残雪が現れる。
釣瓶岳北方の稜線に乗る手前ぐらいから待望の雪山を感じさせてくれる雪稜が。ちょっとだけテンション上がってきた。
健脚ぞろいで予定より1時間40分も早く釣瓶岳に到着。
天気予報では正午くらいまでは晴れ、夕方から小雨マーク。ところがずっと曇り空。下山途中からぽつりと来た。
あ〜やっぱり青空がないと盛り上がらんねえ。
でもこんな雪のない雪山ハイクにお付き合い頂いた皆さんありがとうございました。
次回の蛇谷ヶ峰もよろしくお願いします。雪雲の襲来待ってます。

 明神平でテント泊 赤ゾレ山と桧塚へ J  2021年2月1日(月) 17:26
修正
2021年1月30〜31日 自主 明神平テント泊 4名 曇り時々晴れ
(GPSが寒さで寝込んでしまったためコースタイムは不明です。)
大又林道終点の駐車場にはすでに多くの車が。
明神平に出ると結構な風が吹いていた。
積雪は殆どないが見た目は一面真っ白。
一段降りた小屋裏に早速テント設営。
テントに不要な物を置いて国見山方面へ。
背中の荷物は軽くなったはずだが水無山の登りが辛い。
午後2時頃より時々上空に青空が。
テント設営に手間取ったために出発が遅れ戻る時刻が迫っていた。夕暮れまでにはぎりぎりで戻れるということで国見山を越え予定通り赤ゾレ山へ向かう。徐々に青空が広がっていく。赤ゾレ山では青空と霧氷と大きな展望で最高に感激。ゆっくりしたいところだがそうはいかない。夕方テントに戻り夕食と寝る用意。ところが僕のエアーマットにアクシデント。空気の入っていないただのマットに。背中に敷けるものはすべて敷いて眠ることに。
夜中、大きな月といくつもの星が風に揺れていた。
翌朝は霧で視界が悪い上に風と小雪でトレースが消えていた。コースアウトしないように慎重に進む。予報では晴れ間が出るはず。しかし桧塚まで行くも青空がなかなか出てこない。この後ヒキウス平へ行く予定だったが昨日の景色に堪能してしまって予定を変更してテント場へ戻った。
今回も素晴らしい雪景色に出会えた。霧が一瞬晴れて青空が覗くとあちらこちらから感嘆の声が聞こえてくる。みんな思いは同じ、寒くっても雪山大好きな奴ばかり。


 人生初、雪山テント泊に挑戦 モコちゃん  2021年2月3日(水) 0:42 修正
要領悪く、テント設営に時間がかかってしまった私。終わってテムレスを外すと何と!手の指が赤くなって凍って動かない!大急ぎコップにお湯を入れて温めると元に戻ってホッ☆ 反省"(-""-)"
荷物重かった〜。アイゼン付けた足も重かった〜。手が冷たかった〜。でも、あの素晴らしい霧氷の広がる雪の世界。やっぱり、止められません。企画して下さったJさん、そして色々とドンクサイ私にお付き合い下さった皆さま、とても楽しい2日間でした。ありがとうございました。

 やっぱり、雪山はイイ! ひろっちゃん  2021年2月5日(金) 11:53 修正
皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
前回の雪山単独テント泊は伊吹山3合目(ツェルト)で朝起きるとシート内側は凍って真っ白でした。今回はレインフライとは言えテント、室温は−5℃で快適(程々の寒さ)なはずなのに食事以外は寝袋に包まっていました。就寝時の中途半端な寝床作りで妥協すると、結局は一からやり直しとなりました。(反省)
雪の白と青空のコントラストはたまりません。次回の雪山が待ち遠しい。

 雨になった〜〜〜(泣)鎌倉山 J  2021年1月18日(月) 10:16
修正
2019年1月16日 自主 鎌倉山 7名 小雨
坊村駐車場8:10〜林道出合8:51〜ぶな平9:15〜鎌倉山10:27−45〜P901・11:13〜鎌倉山11:56〜ぶな平12:45〜林道出合13:07〜駐車場13:36

滋賀と京都の県境に位置する鎌倉山に行ってきました。
高度660辺りのぶな平からぼちぼちと雪が現れました。
気温が高く雪嵩のしぼんだ重たい雪が。
途中より小雨が降ったり止んだり。
予定の登山道の無い周回ルートは積雪が少ない場合ヤブかもしれないので変更。
八丁平方向へ向かうも901ポイントから引き返しました。
鎌倉山から先、どちらの方向へ進む場合でもきっちりと進行方向を確認しないと錯覚を引き起こす地形です。

  J  2021年1月18日(月) 18:04 修正
山行日が間違っています。2021年でした。失礼しました。

 皆さん、ありがとうございました。 ひろっちゃん  2021年1月19日(火) 10:12 修正
今期初の雪山、いまいちのコンディションで雪の無い急斜面でスリップ転倒となりました。次回の雪山に期待します。

 コロナ関連情報 HP部  2021年1月12日(火) 11:10
修正
奈良県及び奈良県下各市町村のコロナ情報が
 「コロナ関連」⇒「奈良県 市町村」から閲覧できます。
 自治体名または地図上の自治体名を選択すると該当自治体のコロナ情報が閲覧できます。

 

 やっぱり晴天の雪山は最高  鈴鹿・竜ヶ岳 J  2021年1月7日(木) 11:58
修正
2021年1月6日 晴れ 自主4名
コース:宇賀溪駐車場8:28〜遠足尾根登山口8:58〜昼食(11:50−12:10)〜金山尾根分岐12:22〜竜ヶ岳頂上12:54−13:09〜金山尾根分岐13:34〜遠足尾根登山口15:46〜宇賀溪駐車場16:12

晴天に加え静かな真っ白な山稜。
これだから雪山はやめられない。
鈴鹿の竜ヶ岳にお誘いをいただき楽しんできました。
積雪はまだそれほど多くはありませんが十分に「雪山」
平日とあって数人の登山者に出会っただけ。大きなフィールドを独占。
しっかりと凍り付いた霧氷。青空を背に満開の桜かと錯覚させる霧氷の樹々。
下山は金山尾根。ガレ場の急下降がいやらしいです。いつもアイゼンを外すタイミングに気を使います。今回は高度590m辺りで外しました。
今回も暖かくて風もなくお天気に恵まれました。こんな気持ちのいい雪山を元気に歩ける幸せ。
またのお誘い待ってます。ありがとうございました。

 行ってきました〜「天女の舞」大峰標高1460m 付近の雪原 J  2020年12月30日(水) 12:01
修正
2020年12月29日 自主4名 晴れ
熊渡7:08〜金引橋分岐8:02〜頂仙岳分岐10:53〜P1518 11:25〜天女の舞(標高1460m付近)11:35−12:06〜P1364 12:34〜金引橋分岐14:19〜熊渡15:05
年末年始はアルプスも天気が悪いらしい。
それなら近場で天気のいい日に日帰りで行ける雪山へ。
以前からリクエストのあった大峰の「天女の舞」に行ってきました。
誰が名付けたのか10年前には聞かなかった通称「天女の舞」。
積雪は早朝下部は凍結。上部で20〜40センチ程度。雪質は水分多めで重い。
晴れて暖か・・・。
当然、楽しみにしていた霧氷は無し・・・。
しかしその残念な思いを消し去る雪景色のすばらしさと大展望。
青空のブナ林にうっとり。
いつも思いますが雪山には青空が一番似合います。
下山は金引尾根の西に並行して延びる尾根を利用。
地形図で見るより結構細くて急傾斜で足運びにはかなり緊張しました。
今冬2回めの雪山、堪能してきました。

 2021年度年間山行日程計画表(案)及び労山ニュース HP部  2020年12月21日(月) 15:32
修正
会員の皆様へ
 企画部からの「年間山行日程のお願い」を、Top画面の「年間山行日程のお願い(企画部)(企画部) ⇒ 詳細へ」にアップしてあります。
是非ご覧ください。(2021年度年間山行日程計画表(案)も「年間山行日程のお願い」からご覧になれます)

 「ろうさんニュース第39号」をアップしてあります。
「会員専用」⇒「県連・労山」⇒「労山ニュース」でご覧になれます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  全 300件 [管理]
CGI-design